◆ 6月号事務所ニュース

(労働保険 年度更新について)     
 平成30年度の申告・納付は6月1日(金)から7月10日(火)です。
 
《労働保険料等 口座振替について》
 申請することで労働保険料・一般拠出金について口座振替により納付することができます。
※平成30年度 全期(一括納付)・第1期(延納)につきましては、口座振替申込みは締め切られています。

<口座振替による納付の主なメリット>
・保険料納付のために、毎回金融機関の窓口へ行く手間や待ち時間が解消されます。
・納付の”忘れ”や”遅れ”がなくなるため、延滞金を課される心配がありません。
・手数料はかかりません。
・保険料の引き落としに最大約2カ月ゆとりができます。


(健康担当の大阪府職員、たばこ中抜け440回で処分)
 喫煙のため、勤務時間中に繰り返し職場を抜けたとして、大阪府が健康医療部の男性職員を職務専念義務違反で訓告処分にしていたことが分かりました。
 府は勤務中の喫煙を禁じていますが、2016年4月から2年間で約440回職場を離れ、たばこを吸っていたといいます。処分は4月16日付、男性は依願退職しました(関連記事『YOMIURI ONLINE』6月5日号)。
 喫煙は体への害など健康面で問題視されていますが、仕事時間中に遠く離れた喫煙スペースに行き来することが仕事をしていない、休憩しているとして問題になることが依然としてあります。
 20年以上前では、喫煙スペースまでさがしに行き、「〇〇さん、急ぎの電話がかかっていますよ!」と声を掛けたり、「俺は今、たばこを吸っているんだ!」と逆切れする人もいました。
 今の時代では、そんなおおらかなことにはならず、処分されたり、職を失うことになります。