◆ 4月号事務所ニュース

(毎月勤労統計調査の不適切な取り扱いに関連した追加給付について)

 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」で全数調査をするところを一部抽出調査で行っていたことにより、統計上の賃金額が低めに出たため、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険の給付額に影響が生じております。
 2004年以降に雇用保険の給付を受給した方の一部に対し、追加給付が必要となりました(現在受給中の方も該当する可能性があります)。

(2)事業主向け助成金
 追加支給の対象となることが確認できた方から、2019年4月から「お知らせ」が送付され、回答をふまえて順次支給を開始予定です。

厚労省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03321.html